お知らせ

冬季限定:雪あん飴『解禁』のお知らせ⦅2020.10.14⦆


平素は大丸本舗の通信販売をご利用頂き、誠にありがとうございます。

飴は基本年中販売できるものなのですが、例外もあります。

今日はその例外中の例外「雪あん」飴解禁のお知らせです。


「雪あん」は冬の人気者

弊社の和風豊かな味シリーズの一品である「雪あん」は、 真っ白な引き飴の内側に小倉餡が半生で包まれている飴です。

引き飴とは、飴を何度も引っ張ることで飴の中に空気を入れて真っ白な飴にしたもので、

軽くて溶けやすく、ざくざくとした食感が特徴です。

飴を口に入れて、ゆっくりと噛みしめると「ぐしゃっ」という食感と共に飴が崩れて、

中からあんこが飛び出てくるという、手前味噌ながら「甘党垂涎の逸品」です。

販売時期は、10月中旬から翌年3月末と約半年程度なのですが、

弊社和風豊かな味シリーズの中で売上は中ほど、冬に限れば、常に上位にランキングされる飴です。


「雪あん」の「雪」のもう一つの意味

雪あん飴の名前は、上でお話しました通り、真っ白な引き飴から由来している呼び名ですが、

それが理由の全てではありません。

雪あん飴は「冬季限定品」です。ではなぜ「冬季限定」なのでしょうか。

それは、雪あんの「引き飴」は小さい気泡がたくさん入った白い飴であることから、たいへん溶けやすいからなのです。

雪あんの製造地は、弊社の所在地愛知県春日井市から遠く北、北海道は小樽なのです。

小樽で、10月の声を聴くようになりますと、空気がピンと張り詰めるように冷え、空気は乾燥します。

この冷気と乾燥が、雪あんの製造には欠かせないのです。

暖気や湿気に触れるとはかなく溶けてしまう姿は本当に雪のようで、だから「」あん飴なのです。


まだ「雪あん」を経験されたことの無い方、宜しければ弊社オンラインショップでご購入できますので、

よろしくお願い申し上げます。



「マヌカハニーから残留農薬検出」記事に関する見解について⦅2020.08.20⦆


平素は大丸本舗の通信販売をご利用頂き、誠にありがとうございます。

2020年8月16日、ネットニュースにて、以下の題名による記事が掲載されました。


「新型コロナで人気沸騰の高級蜂蜜から発がん性疑惑農薬」

・ 日本でも人気のニュージーランド産高級蜂蜜「マヌカハニー」から、発がん性が疑われ各国が使用禁止に動いている除草剤グリホサートの成分が検出されたことがわかった。

・ 報道は、ニュージーランドの国有テレビ局が、7月下旬に同国の第一次産業省がまとめた調査報告書を基に行った。

・ 報道によると調査は、精製前の蜂蜜と同国内で販売されている蜂蜜製品を対象に、2015〜16年と2019年の2回にわたって行われたとのこと。

・ 1回目の調査では、全国から集めた300サンプル中、マヌカハニーと、マヌカハニーが含まれていると見られるブレンド品は合わせて116サンプル。その16%にあたる19サンプルからグリホサートが検出された。残留基準を超えたものはなかった。

・ 2回目の調査は、国内向けのマヌカハニーの製品に絞って実施され、全60サンプル中、18%にあたる11サンプルからグリホサートを検出した。残留基準を超えたものはなかった。

・ 報告書は、蜂蜜からグリホサートが検出されたのは、グリホサートを使用している農場や牧場の近くに巣箱を置いたことが原因と指摘し、グリホサートが検出された蜂蜜の多くが、農場や牧場に植えられることの多い、クローバーや牧草用の草花の花蜜を原料としたものだったとしている。

・ 報告書は、市販の蜂蜜製品からは政府の残留基準を上回る量のグリホサートが検出されなかったことから、同国産の蜂蜜の安全性に問題はないと強調している。


農薬「グリホサート」について

グリホサートは世界で最も使用量の多い除草剤ですが、2015年、世界保健機関(WHO)の外郭団体である国際がん研究機関(IARC)が「ヒトに対しておそらく発がん性がある」との結論を下し、危険度を示す5段階評価で2番目に高い「グループ2A」に分類しました。以降、海外では欧州を中心に2019年から2023年を目途に使用を禁止したり規制したりするという動きが急速に広がっているものです。

日本でもグリホサートは農業や公園の除草、ガーデニングなど様々な場面で使用され、学校給食用のパンや国産大豆などからの検出も相次いでいる状態です。しかし、政府による使用規制強化や禁止の動きは今のところないとのことです。


弊社では、ニュージーランド産のマヌカハニーを原材料に用いた商品として、「マヌカ蜂蜜飴」がございます。

上記報道を受け、弊社におきましても8月17日(月)から原材料供給先を通して、安全性に関する調査を依頼しています。

8月19日(水)、供給先から回答を頂きましたので、以下お知らせいたします。


(お知らせ)

弊社が販売する 「マヌカはちみつ UMF+5 500g」 は、ニュージーランド現地メーカーが、製品の分析結果をUMFハニー協会に提出した後、協会よりマヌカハニーとしての証明を受け、ニュージーランド政府の許可のもと、最終製品として輸入しております。

今回の記事で、農薬(グリホサート)の基準値内での検出が確認されたのは、マヌカ以外の花蜜が含まれる“マルチフローラル”と呼ばれるブレンド品での検出事例が多く、純粋なマヌカハニーでの検出ではないと認識しております。


上記のことより、弊社が販売する「マヌカハニー/マヌカはちみつ UMF+5 500g」 において、今回の記事の対象となる製品でないことを、報告申し上げます。

有限会社大丸本舗は弊社製品「マヌカ蜂蜜飴」について、上記回答を受け、販売を継続させて頂くことといたします。

今後とも安心の上、ご愛顧を賜れますよう、お願い申し上げます。


有限会社大丸本舗

信頼性保証部




おすすめ商品


NO.26 雪あん

302円(本体280円、税22円)


連翹ハーブのど飴

324円(本体300円、税24円)


生姜糖タブレット

270円(本体250円、税20円)



三太郎物語

162円(本体150円、税12円)


乳酸菌入りアマビエの飴

346円(本体320円、税26円)


明智光秀「才知飴」

410円(本体380円、税30円)



ブラッドオレンジキャンディ

216円(本体200円、税16円)


80g すだちさわやかのど飴

216円(本体200円、税16円)


About the owner

やす吉

みなさん、はじめまして。店長の『やす吉』です。僕は大丸本舗のイメージキャラクターとして商品パッケージにちょこちょこ登場していたんですが、この度店長に就任しました。大丸本舗の美味しくって沢山種類のある飴をどんどん紹介していきますので宜しくお願いします。

Top